ネット証券の口座数はSBI証券と楽天証券が多い

口座数が多いと安心ですね

始めての株式投資なら、知名度があり口座数が多い会社でスタート

店舗を持つ3大証券でネット取引に力を入れているのは大和証券です。ネット証券に比べると手数料は安くないですが、十分中長期投資ができる範囲です。

ネット証券だけで口座数を比べると、SBI証券と楽天証券が多いです。なお最大手のSBI証券は人が多い分、(回線が混雑して)板乗りがやや遅いと言われています。

SBIと楽天証券は老舗ネット証券会社で口座数が多い

楽天証券
楽天証券の詳細情報
■手数料(税込、*は信用取引)
50万円 100万円 50万(*) 100万(*) ミニ株 中国株 日経225 FX
¥368 ¥657 ¥486 ¥486
■おすすめポイント
手数料が格安。そしてすでに30万人が利用しているトレーディング・ソフト「マーケットスピード」が利用可能。新規口座開設後3ヶ月間はマケスピは無料。初心者から中級者まで利用価値が高く、常にランキング上位に位置する人気の証券会社です。また、月額525円必要なものの、24時間経済ニュースを配信するブルームバーグTVをパソコンで見ることができる。資料請求、口座開設はこちら
SBI証券
SBI証券の詳細情報
■手数料(税込、*は信用取引)
50万円 100万円 50万(*) 100万(*) ミニ株 中国株 日経225 FX
¥293 ¥525 ¥206 ¥388
■おすすめポイント
手数料割安で口座数がとても多い人気ネット証券会社。リアルタイム・トレーディングツール「HYPER SBI」はまずまずも、金融工学のクォンツ分析による「クォンツスコア」は一見の価値あり。また、新規公開株IPOの取扱数が多く、外れても当たりやすくなるポイントが溜まる特徴もある。 資料請求、口座開設はこちら