成行注文は確実に約定する注文です

指値注文は価格を指定できますが約定しない場合もあります

株の主な注文は、「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つです

ここでは、成行注文と指値注文を説明します。

成行注文とは、その時の市場価格で株を売買する注文です。ほぼ確実に注文が約定します。ただ、相場の動きが激しいときなど、予想外の値段で注文が約定するリスクはあります。

一方、指値注文とは、自分の指定した価格で株を売買する注文です。売買価格は正確ですが、相場の動きが激しいときなど、注文が約定しない場合があります。

つまり、成行注文は約定重視指値注文は価格重視です。

短期投資家は約定することが最重要のため、成行注文が中心。中長期投資家は慌てる必要はないため、指値注文でも十分でしょう。

楽天証券のマケスピの画像で成行と指値注文を確認します

言葉だけではイメージしにくいため、楽天証券マーケットスピードを利用して説明します。

■成行注文
成行注文

■指値注文
指値注文