短期投資やデイトレは近年のトレンドです

ウォーレン・バフェットは長期投資家として有名です

中長期の投資家、短期の投資家。どちらもいて、どちらも正しい

ここでは、中長期投資と短期投資を説明します。

中長期投資と短期投資(デイトレード含む)のどちらが良いかは意見が分かれます。投資の神様と言われるウォーレン・バフェットは中長期投資家です。一方、伝説の投資家ラリー・ウィリアムズは短期投資家として有名です。

一般的には、1年以上の投資を長期投資。1ヶ月以内の投資を短期投資と分けることができます。その間は、中期投資です。

ネット証券ができて以降、短期投資が人気になっています

ただ昨今は、投資の短期化が進んでいると言われています。短期投資の中にも、数週間の投資をスウィングトレード、1日の投資をデイトレードと呼びます。デイトレードの中でも、数分で終わらせる投資は、スキャルピングと呼ばれます。

投資期間の選択は、ご自身の生活スタイルから選ぶことになります。毎日PC画面を見ることができる専業トレーダーや学生の方は、短期投資も可能でしょう。ただ、日々遅くまで働いている会社員の方は中長期のほうが望ましいでしょう。

投資は資産運用の1手段です。会社のトイレでコソコソ携帯取引をすることは、会社員の方にはお勧めできません。

ただ、どちらが良いか分からない方は、投資の基本が分散投資である以上、いずれも試してみることをお勧めします。期間を分散させることにより、リスクを減少させることもできます。

以下リンク先のページでは、楽天証券のマーケットスピードを利用して、中長期投資と短期投資の一般的な取引方法をお伝えています。投資期間によるマーケットスピード活用術を見てみる。