信用取引とは買いだけでなく売りでも利益をあげる投資です

資金の3倍までレバレッジを利用することが可能です

信用投資とは元本の3倍まで個別株を売買できる取引です

ここでは、信用取引の基礎知識をお伝えします。信用取引とは、現物取引と同じで、上場している会社の株式を売買する投資です。

異なる点は、買いだけでなく、売りからもポジションを保有できる点。そして、元金の約3倍の投資ができる点です。ただ、信用取引には一般的に期限があり、6ヶ月以内にポジションを決済する必要があります。

信用取引なら下落トレンド時に売ることで利益を上げることもできます

まず、信用取引では売ってから買い戻す取引が可能です。相場が軟調な場合でも、利益を追求することができます。将来下落するなと予測した場合、売ることにより利益を得ることが可能です。

それだけでなく、信用取引を利用すれば、現物株の下落リスクをヘッジすることも可能です。仮に、現物株を保有している場合、株価が下落すれば、その株の価値も下落します。そうした場合、現物株と同じ株を信用取引で売れば、価値の下落が相殺されます。

また、信用取引では、預けた保証金の約3倍の取引が可能です。つまり、仮に100万円しかなくても、300万円分の(1000円の株を3000株程度)売買することができます。この保証金は現金だけでなく、現物株でも代用することができます。

ただ、信用取引で買いをする場合、金利を支払う場合があります。この利息を日歩と呼びます。一方、信用取引で売る場合、貸株料がもらえます。ただ、貸株料を支払うこともあります。どちらになるかは金利動向によりますが、証券会社が発表するので簡単に分かります。

一番注意する点は、信用取引で元金の3倍の取引をした際など、評価損が拡大すれば追証が必要となる場合があります。元金以上の投資をする場合には、注意をしましょう。

つまり、信用取引とは小額の元金でも大きな取引が可能です。そして、相場が軟調なときにも売ることによって収益チャンスが拡がります。

現物投資の口座を開いた後、信用取引の口座開設も可能になります。信用取引は便利なので、使うかどうかは別として信用取引の口座開設もしておきましょう。