日経225先物は日本を代表する指数への投資です

日経225ミニは資金が10分の1ということもあり人気です

日経225先物なら、日本を代表する企業の指数に投資できます

ここでは、日経225先物(mini)の基礎知識をお伝えします。日経225先物とは、東証1部上場銘柄の中の225社の指数を取引します。イメージ的には、日本を代表する企業を1つにまとめて、上昇するか下落するかを予測して投資をします。

日経225先物は、個別株に大きな影響を与えます

「私は個別株しか投資しないから、関係ないよ」と思っている方は、気をつけてください!

現代の株式相場は、この日経225先物の動きと個別株式の値動きがお互いに影響を受けています。

つまり、日経225先物が上昇しているときは、個別株も上昇しやすい。逆に、日経225先物が下落しているときは、個別株も下落しやすいのです。

そのため、個別株しか投資をしない人も日経225先物の値動きをチェックする必要があります。どうせチェックしなければならないなら、投資をした方がいいという方もいます。

そのため、日経225先物がチェックできる証券会社にも必ず口座開設をしておきましょう。

では、日経225先物の特徴はどのようなものでしょうか。第1に、期限が決まっている投資です。3、6、9、12月の第2金曜日にポジションは決済されます。そのため、基本は短期投資となります。

ちなみに、大阪証券取引所で行われています。信用取引同様、買いからも売りからもどちらからでもポジションを保有できます。

第2に、証拠金を預け入れた投資で、1枚単位で投資をします。1枚とは先物価格に1000を掛けたものです。仮に、日経225先物が1万5000円の場合、1500万円の(15,000*1000=15,000,000円)投資となります。

多くの証券会社で初回預入金が100万円以上となっています。仮に100万円を元金に1500万円の投資をした場合、元金の15倍の投資をしていることになります。これは、信用取引の3倍よりも大きな投資となります。

1500万円の投資、小額から投資を始めたい方は少し驚いたかもしれません。

そこで、ここでは、日経225miniをおすすめします。日経225miniは、指数に100を掛けたものです。仮に日経225先物が1万5000円の場合、1枚は150万円になります。これであれば、50万円の入金でも元金の約3倍。信用取引と同じになります。

初めての方は、日経225miniから始めましょう!

なお、日経225先物や日経225miniも信用取引同様、含み損が拡大した場合には追加保証金が要求される場合があります。その計算は、「SPAN証拠金」と呼ばれるもので計算されます。このSPAN証拠金は、大阪証券取引所が発表しています。

繰り返しになりますが、日経225の動向は個別株式にも影響が大きい。それが2006年現在、株式相場の常識です。

個別株式は4000銘柄から選ばなければなりません。それに比べ、日経225miniは1つだけ。それだけに集中すればよいので、多忙な方にはピッタリです。

個別株をする方も日経225miniの動向はチェックしてください。なお、証券会社を選ぶ際は、逆指値が可能なところにしましょう。元金よりも大きな投資をするため、リスク管理は必須です。