東洋証券は中国株に強い証券会社です

手数料の会員コースは上手に使うと割安です

東洋証券のまとめ

東洋証券のおすすめ度:★★★★★
・理由:中国株に強いこと

東洋証券の詳細情報

一般情報
50万円 100万円 50万(*) 100万(*) ミニ株 中国株 日経225 FX
840円 840円 840円 840円 × ×
手数料詳細
手数料体系 50万円 100万円 200万円 300万円
現物取引 840円 840円 945円 1050円
信用取引 840円 840円 945円 1050円
1日定額 - - - -
*会員コースがある。「月間約定回数が60回または月間約定代金累計が1億5,000万円を超えるまで」は手数料が月額10500円で固定。それ以降は、別途手数料(100万円の1約定で420円など)が必要となる。
特徴・サービス

■中国株に強い! ←イチオシ

東洋証券の最大の特徴は、中国株に強いこと。香港だけでなく、上海や深セン市場にも投資が可能で、特定口座にも対応している。

コメント

中国株に特定口座で投資がしたい」という方には利用価値が高い。

国内株式の手数料もまずまず割安なものの、他社と比べて強みというほどではない。ただ中国株については他社を圧倒。上海や深セン市場のB株に投資できるのは同社と内藤証券のみ。

内藤証券との違いは、内藤証券が日経225取引など様々な商品を容易にしているのに対し、東洋証券は国内と中国株に注力している点だろう。

また手数料の会員コースを上手に使えば(月に10回ほど300万円程度のスウィングをするような人には)、手数料が安くなる。